貼箱(貼り箱)製造販売 パックス・エム

貼箱とは紙器(紙製の箱)の一種で「はりばこ」と読みます。貼り箱、貼函と表記する場合もありますがすべて同じ形式の「はりばこ」、紙箱をさします。

貼箱は紙器のなかでも特に高級感があり強度的にも優れた構造の箱です。top-hako

貼箱の構造

貼箱は芯材の厚紙と表面に貼る化粧紙で出来ています。芯材になる厚紙の4隅をテープで接着、箱の形にしてから表面に化粧紙を貼り付けます。

sinzai sinzai2 harigami
芯材の裏白チップボール 4隅を止めた状態 化粧紙

貼箱の構造について

貼箱の材質

貼箱の材質は主に紙ですが非常に多くの選択肢があります。

芯材は約1mm厚から約2mm厚の裏白チップが良く使われお好みの厚さをお選びいただけます。
裏白チップは片面が白、片面がグレーの厚紙で仕上がり時の箱内側が白になります。

化粧紙は色の付いた紙、模様の付いた紙など様々な紙から色、質感を選んでいただきます。
箔押しや印刷することで紙の質感、風合いを生かしたオリジナルのオーダーパッケージが出来上がります。

真っ白のアート紙などに印刷したオリジナルデザインの箱も製造できます。

貼箱の材質

貼箱の形状

貼箱にはかぶせ式、インロー式、ブックタイプ、ワンピースがあります。

もっとも多い形式はかぶせ式で箱にフタがかかる一般的な形状です。
コスト面では最も優れています。

形式ごとに特徴、メリット、デメリットがあります。

貼箱の形状